発酵黒にんにく

発酵黒にんにくってどんなもん?

発酵黒にんにくとはどんなものか?普通のにんにくの違いとは?

 

発酵黒にんにくとはどのようなものなのでしょうか。
もともとにんにくは、エジプトからインドをわたり、そのあと中国にわたりました。
このように様々な国をわたり、日本にもやってきたのです。
そして、たくさんの国で、大勢の人々が、にんにくの持っている効能の魅力に取りつかれてしまったのです。

 

現在でもにんにくは様々な健康食品にも取り扱われていますね。
料理でもにんにくを使用したものが取り上げられています。
ブームといってもよいでしょう。
健康に良いということが分かったため、様々なところで注目されているのです。

 

発酵くろにんにくは、にんにくを65度以下の温度、そして湿度を管理して、発酵させたものです。
そして、長時間じっくりと熟成させ、感想させるのです。

 

にんにくには、自己発酵というものが含まれていますので、添加物を加えなくても発酵するのです。
そして、白っぽい普通のにんにくの色から、黒っぽい色になっていくのです。

 

生のにんにくを発酵させるので、発酵黒にんにくは、生のにんにくの10倍の抗酸化力があるということが、研究などの結果からわかってきました。
そして、発酵黒にんにくを食べることによって、ガンや生活習慣病を予防したり改善してくれるという効果がわかってきたのです。

 

発酵黒にんにくってどんなもん?

 

発酵黒にんにくと普通のにんにくの違いにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

まず普通のにんにくですが、こちらは特有の臭いがあります。
そして刺激作用があり、胃腸を悪くしてしまう・・・という場合があります。
胃腸が悪い人は、にんにくをたくさん食べると胃を悪くしてしまう・・・という経験がある人も少なくないと思います。
ですので、普通のにんにくをたくさん摂取するということは難しいことになってしまいます。

 

それに対して発酵黒にんにくは、熟成され発酵されています。
ですので、糖度が増えています。
更に食感はドライフルーツのような感じで、臭いも気になりません。
そして、普通のにんにくでは気になってしまっていた刺激成分は除去されているのです。

 

それだけではありません。
普通のにんにくに比べて発酵黒にんにくは、抗酸化力が10倍以上も上になっています。
そして、Sアリルシステインやポリフェノール、アミノ酸なども数倍から数十倍に増加します。

 

更に、発酵黒にんにくには、普通のにんにくにはないシクロアリインというアミノ酸や、アリシンという殺菌力がある成分や、スコルにジンという成分があります。

 

このように、発酵黒にんにくは、普通のにんにくよりもかなりパワーアップしたものだと言えるでしょう。

にんにくは昔から食べられている、健康に良いスタミナ食材と言われています。
起源残四千年の古代エジプトでも、
ピラミッドを作るために働いていた多くの人たちがにんにくを食べていたと言われています。

 

世界で認められているにんにくの力

 

1990年に、アメリカの国立ガン研究所では、
デザイナーズフーズ計画という植物性食品によるがんの予防研究プロジェクトで、
がんの予防に役に立つ食品が40種類程度紹介されました。

 

その中で、なんとにんにくががんの予防にたいしてトップであるということが好評されたのです。
このことから、世界的ににんにくが注目されたのです。

 

がんの予防に役に立つ食べ物は1位はにんにくですが、
その他のものをあげますと、キャベツ、甘草、大豆、生姜、セリ科植物、
人参、セロリ、バースニップなどがあげられます。

 

次のくくりでは、玉ねぎ、茶、ターメリック、玄米、全粒小麦、オレンジ、
レモン、グレープフルーツ、トマト、茄子、ピーマン、ブロッコリー、カリフラワー、
芽キャベツがあげられます。

 

最後に、ハーブ、メロン、バジル、タラゴン、エンパク、ハッカ、オレガノ、
キュウリ、タイム、アサツキ、ローズマリー、セージ、ジャガイモ、大麦、
ベリー類があげられています。

 

これだけたくさんある中でも、トップというものは凄いですね。

 

発酵黒にんにくには、アンチエイジングの効果があるということをご存知でしょうか。
皆さんは、できる限り若くて美しく、
そして元気でいたい・・・と考えることでしょう。

 

 

現在では、高齢化社会になってきていますね。
そういったこともあり、アンチエイジングをしたい・・・と考えている人も多いようです。
できるだけ老化を遅らせて、美しさと若さを保ちたいというものなのです。

 

アンチエイジングに大切なことは何でしょうか。
一番はバランスのとれた食事、適度な運動、
そして禁煙をすることが大切になってくるでしょう。

 

この中でも大切なのが、抗酸化力と代謝、免疫力です。
この3つの要素を高めることで、アンチエイジングにつながっていくのです。

 

これらの要素は、発酵黒にんにくにも含まれているものですね。
ですので、発酵黒にんにくは、アンチエイジングに
役立ってくれるものだと考えてもよいでしょう。

 

また、発酵黒にんにくの効果はこれだけではありません。
発酵黒にんにくには、脂肪を燃焼するアミノ酸が多く含まれています。
ですので、太りにくく痩せやすい体を作るという作用も期待できるのです。

 

皆さんも、発酵黒にんにくの力を借りて、アンチエイジングしてみませんか?
いつまでも若く美しく元気でいたいものですね。

 

そんなニンニクと黒酢の相乗効果をもたらしてくれる有名な商品はこちらですよ。

続きを読む≫ 2014/03/05 23:54:05

発酵黒にんにくは、栄養素の宝庫とも言われています。
ですので、色々なものに有効な成分がたくさん含まれています。

 

にんにくには、元々から有効な成分が含まれています。
それをさらに熟成し発酵させたものが発酵黒にんにくですので、もとから持っていた有効な成分が更に数倍から数十倍にアップするのです。

 

他にも、発酵黒にんにくに含まれているそのほかの成分も、活性酸素を除去します。
そして免疫力を高めてくれますので、ガンの発症、転移を抑えてくれます。
更に血中コレステロールや血圧や血糖の上昇を抑えてくれます。
それだけではありません。
抗菌、抗アレルギー、抗ウイルスなど、薬理作用もたくさん報告されているのです。

 

発酵黒にんにくの作用をまとめますと、

 

  • 抗がん作用
  • 疲労回復作用
  • 精力増強作用
  • アンチエイジング作用
  • コレステロール抑制作用
  • 抗不妊作用
  • 美肌作用
  • 抗アレルギー作用
  • 強肝作用
  • 抗菌作用
  • 血液をサラサラにする作用
  • 抗ウイルス作用

 

などがあげられます。
発酵黒にんにくには、こんなにもたくさんの作用があるのです。
皆さんも、上記の項目で得たい作用がありませんでしょうか。
あるという方は、発酵黒にんにくを積極的に摂取してみませんか。
発酵黒にんにくで、健康で元気な体を手に入れましょう。

続きを読む≫ 2014/03/05 23:52:05

発酵黒にんにくで免疫力をアップしよう

 

健康の秘訣とは何なのでしょうか。
風邪をひきにくくしたり、ガンを予防したり・・・。
このような病気には、できるだけなりたくないものですよね。

 

私たちの体は、粘膜や皮膚などに守られています。
もし、皮膚や粘膜を突破されてしまったとしても、免疫力が体を守ります。

 

もし体内でガン細胞などは発生してしまったとしても、
すぐに発見され、免疫力によって、ガン細胞の増殖を防いでくれるのです。
ですので、免疫力を高めるということが健康の秘訣だと言えるでしょう。

 

しかし、免疫力は人によって違います。
体質だったり生活習慣によって大きく変わってきます。
免疫力の差は、健康状態の差にもなります。
更に言いますと、免疫力の差は寿命の差ともいえるでしょう。

 

健康でいたい・・・。
できるだけ長生きしたい・・・。

 

こう考える人は、免疫力を高めることで、これらをかなえることができるということになりますね。
発酵黒にんにくには、免疫力を高めてくれる効果があります。

 

ですので、発酵黒にんにくを積極的に摂取するということは、
様々な病気に対して有効になると言えるでしょう。

 

皆さんも、発酵黒にんにくを接種することによって、免疫力を高め、健康になりませんか?
病気に強い体を作りたいものですね。

 

ニンニクはガンを予防したり改善するという効果があるということが、わかってきました。

 

発酵黒にんにくで免疫力をアップしよう

 

中国にある山東医学研究所の、王博士という人のグループでは、
にんにくとガンの関係性について調べていたようです。

 

その研究では、ニンニクを毎日食べている人と、
ほとんど食べていない人でガンにかかる確率を調べていたようです。

 

そしてその結果、なんと、ニンニクを毎日食べていた人とほとんど食べていない人では、
11倍もの差がついてしまったようです。
にんにくを食べているだけで、ここまで差があるなんてすごいですよね。

 

また、大阪府立成人病センターの、正岡徹内科部長は、
がんの中でも極めて死亡する確率の高い白血病の治療について調べていました。

 

その結果、ニンニクがとてもつよい効果をあげたようです。
死亡率が高い病気はなるべく阻止したいものです。
ですので、この結果はとても嬉しいものだと言えるでしょう。

 

他にも、抗がん作用について調べていた人もいました。
その博士は、ニンニクに含まれているセレ二ウムという物質が胃がんだけでなく、
その他のガンについても、抑制してくれるということがわかったようです。

 

にんにくによってガンが治ったという報告もあるようです。
このように、にんにくには、ガント深い関係があり、今後の医療についても役に立ってくれそうです。

続きを読む≫ 2014/03/05 23:44:05

現在では、代替医療を好意的に見ている人も増えてきているようです。
お医者さんのうち2人に1人は代替医療を好意的に見ているようです。
そのくらい代替医療は注目されてきてきるようです。

 

イギリスでも、ハーブや鍼灸、太極拳や心理療法、
食事療法などたくさんの代替医療や統合医療が行われているようです。

 

もちろん日本でも代替医療や統合医療については、
どんどんと注目されてきているのです。

 

医療現場において、代替医療は少しずつ広まり、
お医者さんの間でも取り入れるという取り組みも始まっているようです。

 

外国だけでなく、日本でも代替医療は注目され取り入れられてきています。
東海大学病院の精神科では、ガンの患者に対してイメージ療法を行っているようです。
東京女子医科大学、帯津三敬病院でも、代替医療を行っているようです。
日本では、70パーセントの人が代替医療が利用しているといわれているくらいです。
ほとんどの人が利用しているということになりますね。
このように、世界で代替医療は広まっていますが、日本でも代替医療に対する意識が高くなっているということです。

 

更に、代替医療に対する意識が日本でも欧米並みに高くなってきているようですよ。
これは、とてもよい傾向だともいえるでしょう。

 

 

発酵黒にんにくのはたらきとはどのようなものなのでしょうか。
活性酸素は、全ての疾患の90パーセント以上に関連しているということをご存じですか?

 

酸素は、私たちが生きていくうえで必要なものですね。
人間だけでなくほとんどの生き物は、酸素を取り入れ、栄養分を分解してエネルギーにしています。

 

しかし、呼吸で酸素を体内に取り入れられた酸素は、代謝の過程で不安定な状態になります。
そして2パーセントの酸素が体の中で毒になってしまうのです。
その病気や老化の原因となってしまうものを活性酸素と呼んでいます。

 

この活性酸素は細胞のレベルで障害を引き起こします。
そして、なんと病気のうちの90パーセント以上に活性酸素が関連していると言われているのです。

 

老化やガン、生活習慣病は活性酸素が原因だったのです。
ですが、この活性酸素を除去するということで、病気を予防したり改善することも可能なのです。

 

それでは、活性酸素はどのような病気を引き起こすのでしょうか。
老化ですが、シミやしわ、認知症や関節炎、白内障などを引き起こす可能性があります。
生活習慣病ですと、動脈硬化やがん、糖尿病、アレルギー、メタボリックシンドローム、肝機能障害、アルツハイマー病などを引き起こす可能性があります。

続きを読む≫ 2014/03/02 00:22:02

にんにくの歴史

 

にんにくは歴史の古い食べ物です。
紀元3000年も昔から、にんにくは薬として、たくさんの人に愛用されてきました。
ピラミッドのような巨大建築物を作る際にも、昔には今あるような便利は機械はありませんので、大変な思いをして作りました。
その時にも、にんにくは大活躍したのです。
にんにくの持っている疲労を回復する効果を利用して、疲労を回復しつつ作っていったのです。

 

このように、にんにくは民間で使用される薬だったのです。
エジプトだけではありません。
日本でも、源氏物語にニンニクが登場します。
にんにくは、猛暑の時に使用する薬草として使用されてきたようです。
夏バテ予防ということになりますね。

 

このように、にんにくは、昔からしようされている歴史的に見ても、信頼性がある食べ物だと言えるでしょう。
このように、歴史のある食べ物ということは、それだけ長い実績があるということです。
ですので、安全の証明はもちろん、効果や効能についても実証されているということなのです。

 

こういったことからも、にんにくがどれだけ体によいものなのかということがわかるでしょう。
そしてそのにんにくを熟成し発酵したものが、発酵黒にんにくなのです。
にんにきのパワーをさらに引き出したものが発酵黒にんにくです。

続きを読む≫ 2014/03/01 00:20:01

発酵黒にんにくが注目されているのはこんな症状に効くから

 

発酵食品が注目されている?

 

最近は、発酵食品が注目を集めていますね。
発酵食品は、日本の伝統食に昔から使われています。

 

何故このように注目されてきているかと言いますと、医学的にも発酵食品が体にいいということで明らかになってきたということがあります。
発酵食品は免疫力を高めます。
そして腸内細菌のバランスを整えることもでき、老化を防止したり、がんの予防をしたりと多くの効能が報告されているのです。

 

発酵というものは、食品についている酵母菌や細菌などの微生物が食品を分解します。
こうして生まれた酵素の働きによって、食材の成分が変化したりそれまでになかった成分が新しく作られます。

 

日本では、昔から発酵食品をとりいれている食文化があります。
どういったものがあるのかと言いますと、大豆を発酵させることで、しょうゆや味噌が作られます。
他にも漬物や納豆、鰹節も和食を代表しているものですね。

 

日本以外でも薬がなかった時代に、薬の代わりとして活用がされていたようです。
このように、発酵食品は、食生活の歴史などで体によいものという認識がありました。

 

こういった発酵食品が最近注目され、化粧品の分野にも進出してきています。
洗顔料であったり化粧水などにも使用されているのです。

 

発酵黒にんにくには、様々な症状に効果があるという報告がされています。
体の具合がすぐれない人や、悩みがある人は、どのような症状に効果があるのかということを知っておきたいものですね。
それでは、発酵黒にんにくは、どのような症状に効果があるのでしょうか。
効果のある症状について、挙げていきましょう。

 

まずは、様々なガンに効果があるといわれています。
他にも、動脈硬化や高血圧、糖尿病などの、生活習慣病に効果があるといわれています。

 

他にも、アレルギーにも効果があるといわれています。
花粉症などの人にも、有効でしょう。

 

疲労がたまってしまっている人や、美容を気にしている人、慢性的に下痢をしてしまっている人もしくは、慢性的に便秘で悩んでいる人にも有効です。
更年期障害で悩んでいる人にも発酵黒にんにくはおすすめです。

 

風邪をひきやすい、胃が痛くなりやすい・・・という人にも効果があるでしょう。
発酵黒にんにくは免疫力を高めてくれます。

 

また、冷え性や不眠症で悩んでいる人、食欲がない人にも効果が期待できます。
他にも、アルツハイマーで悩んでいる人にも、発酵黒にんにくが効果があるということも最近知られてきました。

 

発酵黒にんにくにはこれだけの症状に効果があるといわれています。
上記の症状があり、悩んでいる・・・という人は発酵黒にんにくを積極的に摂取してみませんか。

続きを読む≫ 2014/02/28 00:17:28

発酵黒にんにくを食べた後、剥いた皮を捨ててしまっていませんか?
実は、発酵黒にんにくの皮は、スープやお茶として利用できます。
ですので、捨ててしまうのはもったいないですよ。

 

発酵黒にんにくの皮にお湯をそそぐと、おいしい味が出てきます。
香りもとてもよいですよ。
にんにくの香りがある健康によいお茶ができるのです。

 

また、お茶だけではありません。
発酵黒にんにくの皮をお湯に入れた後、塩などで味付けすることで、簡単なにんにくスープを作ることもできるのです。

 

もし、発酵黒にんにくの皮の汚れが気になってしまうのでしたら、皮を水洗いしましょう。
そして、水気がとれるまで乾かすことでまた利用できますよ。
ですが、発酵黒にんにくは皮は綺麗に洗われているものが多いようです。

 

ですので、そこまで発酵黒にんにくの皮の汚れについては気にしなくてもよさそうです。
また、発酵黒にんにくの皮を洗うことによって、
にんにくスープやお茶の味や風味が変わってしまうのでは・・・?と思う人もいるかもしれません。
ですが、皮を洗ったくらいでは、味や風味は変わりませんので、汚れが気になってしまう人は、洗ってしまいましょう。

 

みなさんも、おいしい発酵黒にんにくのスープやお茶を飲んでみませんか?
簡単でおいしく、健康にもよいですよ。

続きを読む≫ 2014/02/26 23:57:26

炊飯器を使って、黒にんにくを作ってみませんか?
黒にんにくは、手作りすることもできますよ。

 

まずは、炊飯器を用意しましょう。
ただし、黒にんにくを作ってしまいますと、炊飯器にニンニクのにおいがついてしまいますので、専用のものを用意するのがよいでしょう。

 

 

炊飯器を使った黒にんにくの作り方はコレ!

 

にんにくは、国産のにんにくを用意することをお勧めします。
炊飯器は、水分がたまってしまうようなことがありますので、スノコを引きましょう。
用意するニンニクは丸ごとがよいでしょう。
黒にんにくが完成した後保存するときに役に立ちます。
そして、にんにくを炊飯器の中にいれて、保温ボタンを押して熟成を開始しましょう。

 

熟成をし始めたら、焼きムラや水ムラがないように、途中で様子を見て、場所を入れ替えるなどしましょう。

 

最初の数日ほどは、にんにくのにおいがきつくなります。
ですが、1週間ほど熟成させますと、臭いは薄くなります。
それ以降は臭いは少なくなっていきます。

 

また注意点としては、数日おきに水分の調整をしましょう。
そこに水が溜まってしまいますと、黒にんにくが煮物みたいになってしまいます。
もし、にんにくが湿りすぎていた場合には、蒸気を飛ばしてあげましょう。

 

1週間すぎますと、乾燥しすぎないように注意をしましょう。
11日ほどしますと、黒い色に変化してkます。
味見をしてみて、どの辺で終わりにするのか決めましょう。

続きを読む≫ 2014/02/26 23:53:26
ホーム RSS購読 サイトマップ