発酵黒にんにく

発酵黒にんにくってどんなもん?

発酵黒にんにくとはどんなものか?普通のにんにくの違いとは?

 

発酵黒にんにくとはどのようなものなのでしょうか。
もともとにんにくは、エジプトからインドをわたり、そのあと中国にわたりました。
このように様々な国をわたり、日本にもやってきたのです。
そして、たくさんの国で、大勢の人々が、にんにくの持っている効能の魅力に取りつかれてしまったのです。

 

現在でもにんにくは様々な健康食品にも取り扱われていますね。
料理でもにんにくを使用したものが取り上げられています。
ブームといってもよいでしょう。
健康に良いということが分かったため、様々なところで注目されているのです。

 

発酵くろにんにくは、にんにくを65度以下の温度、そして湿度を管理して、発酵させたものです。
そして、長時間じっくりと熟成させ、感想させるのです。

 

にんにくには、自己発酵というものが含まれていますので、添加物を加えなくても発酵するのです。
そして、白っぽい普通のにんにくの色から、黒っぽい色になっていくのです。

 

生のにんにくを発酵させるので、発酵黒にんにくは、生のにんにくの10倍の抗酸化力があるということが、研究などの結果からわかってきました。
そして、発酵黒にんにくを食べることによって、ガンや生活習慣病を予防したり改善してくれるという効果がわかってきたのです。

 

発酵黒にんにくってどんなもん?

 

発酵黒にんにくと普通のにんにくの違いにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

まず普通のにんにくですが、こちらは特有の臭いがあります。
そして刺激作用があり、胃腸を悪くしてしまう・・・という場合があります。
胃腸が悪い人は、にんにくをたくさん食べると胃を悪くしてしまう・・・という経験がある人も少なくないと思います。
ですので、普通のにんにくをたくさん摂取するということは難しいことになってしまいます。

 

それに対して発酵黒にんにくは、熟成され発酵されています。
ですので、糖度が増えています。
更に食感はドライフルーツのような感じで、臭いも気になりません。
そして、普通のにんにくでは気になってしまっていた刺激成分は除去されているのです。

 

それだけではありません。
普通のにんにくに比べて発酵黒にんにくは、抗酸化力が10倍以上も上になっています。
そして、Sアリルシステインやポリフェノール、アミノ酸なども数倍から数十倍に増加します。

 

更に、発酵黒にんにくには、普通のにんにくにはないシクロアリインというアミノ酸や、アリシンという殺菌力がある成分や、スコルにジンという成分があります。

 

このように、発酵黒にんにくは、普通のにんにくよりもかなりパワーアップしたものだと言えるでしょう。

活性酸素には生活習慣病や老化などの病気を発生させてしまうことがあります。
私たちの体の中には、活性酸素を取り除く力はもともとあります。

 

ですが、年を重ねるにつれて、活性酸素を取り除く力は衰えていきます。
こうして、体の中にどんどんと、活性酸素が蓄積されてしまうのです。

 

ですので、活性酸素を除去する抗酸化物質を体に取り入れることが、
アンチエイジングだったりガンの予防に役に立つというのです。

 

 

発酵にんにくには、抗酸化作用があると言われていますが、このことについて詳しく説明しましょう。
発酵黒にんにくは、長い時間熟成させますと、Sアリルステインという物質が四倍に増えます。
この物質は抗酸化作用と抗ガン作用があります。

 

他にも、ポリフェノールや、シクロアリインという物質も数倍から数十倍に増えます。
ポリフェノールには、抗酸化作用がありますので、Sアリルステインとの相乗効果が期待できます。
シクロアリインという物質は動脈硬化に効果があると言われている物質です。
これらは日本食品分析センターで分析されたものですので、確実なデータと言えるでしょう。

 

発酵黒にんにくは、普通のにんにくの約10倍の抗酸化パワーがあると言われていますので、
この抗酸化作用が美容と健康に役に立つと言われて注目されているのです。

続きを読む≫ 2014/07/05 22:58:05

発酵黒にんにくが健康にいいということはわかったけど、どのようにして食べたらいいの・・・?
こういった考えの人も多いのではないでしょうか。
そんな人は、、まずは皮をむいて、そのまま食べてみましょう。
1日1欠片から2欠片ほど食べることをお勧めします。
わざわざ発酵黒にんにくを調理するという手間は必要ありませんので、簡単ですね。
これだったら続けることができる・・・という人もいるでしょう。
この方法ですと、お酒のおつまみにしてもよいかもしれません。

 

他にも、餃子やハンバーグの具にしてもおいしいですよ。
お刺身を食べる時に、しょうゆに発酵黒にんにくを入れることでしょうゆにコクが出ておいしくなります。

 

また、発酵黒にんにくしょうゆを作っておき、野菜炒めや、から揚げなどの下味にすることで、おいしい隠し味になりますよ。
もちろん、チャーハンだったり和え物などに発酵黒にんにくを混ぜてもおいしく食べることができます。

 

更に、市販のカレーなどを食べる際に、発酵黒にんにくを入れることで、いつも同じ味のカレーが一層おいしくなります。
いつもの料理の味付けに加えるだけで、料理もおいしくなり、健康も手に入れることができるというのです。
みなさんも、発酵黒にんにくをおいしく食べてみませんか?

続きを読む≫ 2014/06/12 22:57:12

発酵黒にんにくの賞味期限はどのくらいなのでしょうか。
常温で発酵黒にんにくを保存した状態ですと、6か月が賞味期限のようです。
発酵黒にんにくを保存する際には、温度が高い場所や湿度が高い場所は避けましょう。
こういったことからも、冷暗所で保存することをお勧めします。

 

賞味期限があるの?

 

また、発酵黒にんにくを保存する際に注意をしておかなくてはならないこともあります。
ビニール袋に長い間保存しておきますと、湿気がこもってしまいますので、カビが発生してしまうこともあるのです。
ですので、発酵黒にんにくを保存する場合には、ビニール袋ではなく、紙袋に入れたり、冷蔵庫に入れることをお勧めします。

 

また、発酵黒にんにくは発酵食品です。
ですので、夏の間は冷蔵庫に入れて保存しましょう。

 

冷蔵庫だけでなく、冷凍庫で保存するのもよいでしょう。
何故なら、発酵黒にんにくを冷凍しますと、食べる時に皮がむきやすくなりますので、食べやすくなります。
また、冷凍した状態ですと、むくときに手を汚してしまうこともないのです。

 

冷凍庫に発酵黒にんにくを保存してしまうと食べる時に凍ってしまって不便では・・・?と思う人もいるかもしれません。
ですが、発酵黒にんにくを冷凍庫に保存しても中身は凍りません。
中身は柔らかいままですので、そのまま発酵黒にんにくを食べることができますよ。

続きを読む≫ 2014/05/21 22:55:21

ガンを予防なら黒にんにく

 

ナチュラルキラー細胞と呼ばれている細胞をご存知でしょうか。
この細胞は、私たちの体の中を常に監視している細胞です。
そして、ウイルスに感染してしまった細胞や、悪性化してしまった細胞
、いわゆるガン細胞を見つけると、やっつけてしまうという働きをするものです。

 

ナチュラルキラー細胞は、名前の通り、複雑なメカニズムがありません。
そして、単独で直接攻撃をしてウイルスに感染してしまった細胞などをやっつけるのです。
このナチュラルキラー細胞の活性が低下してしまいますと、どうなってしまうのでしょうか。

 

ナチュラルキラー細胞の活性が低下すると、風邪をひきやすくなってしまいます。
それだけではなく、ガンの発生との関連も注目されています。

 

発酵黒にんにくには、好中球やマクロファージ、リンパ球などの病原菌を攻撃する作用を強くします。
そして、リンパ球からのインターロイキンという免疫細胞の働きを調整してくれるタンパク質の分泌を強化してくれます。
こうすることによって、ナチュラルキラー細胞を活性化させるのです。

 

普段から発酵黒にんにくを積極的に摂取することで、
ナチュラルキラー細胞の活性が1.5倍ほどに増えるということがわかってきているのです。
更に、抗ガン作用があるということを、様々な研究において、
研究者が発表をしているようです。

続きを読む≫ 2014/04/30 22:48:30

疲労回復に良いの?

 

にんにくには、疲れをとったり、疲れにくくなるという効果があります。
にんにくにこのような効果があるのは何故でしょうか。

 

これは、にんにくを食べることによって、にんにくの成分を体の中で利用し、
活用されるからなのです。
にんにくの持っている特徴の中でも、大きなものと言えるでしょう。

 

にんにくの成分は、体の中に吸収されて様々な細胞に入り込みます。
そして、細胞の中にある小胞体に働きかけ、その作用を活発にさせます。
そうすることで、よりたくさんのタンパク質を合成させる能力を作り出すのです。

 

このとき作られたタンパク質は、様々な細胞の機能を向上させます。
そして、食べ物から得たタンパク質と一緒に協力し合い、疲労を回復させるのです。
ですので、体の内側だけでなく、体の外側からも、疲労回復をさせるということになるのです。
その結果、疲労を早く、そして完全に取り除くという効果があるのです。

 

こういったことから、にんにくは疲労回復する効果があるといわれています。
疲労回復には、ビタミンB1が欠かせません。
そのビタミンB1とにんにくの成分、そしてアリシンが結びつくことで、アリチアミンという物質に変化します。
アリチアミンという物質に変化することで、体に吸収されやすくなるのです。

 

体が弱い人にとって、にんにくはちょうどよい食べ物になるでしょう。

続きを読む≫ 2014/04/29 22:46:29

発酵黒にんにくについて

 

発酵黒にんにくは、どうして色が黒いのでしょうか。
普通のにんにくは白い色なのに対して、発酵黒にんにくは果実が黒いです。
最初は白いにんにくですが、高い湿度と高い温度の環境に3週間から4週間ほどおくことで、にんにくが熟成して発酵するのです。
そうしますと、黒くなるのです。

 

この色の変化については、チョコレートと同じで、メイラード反応だと言われています。
にんにくなのに、チョコレートと同じなんて面白いですね。
また、発酵黒にんにくはかなり黒いため、食品添加物を使用しているのでは?と思う人もいるかもしれません。

 

しかし、発酵黒にんにくを作る過程で、食品添加物などの化学的なものは試用されていないのです。
こういった科学的なものを使用せずに、発酵黒にんにくは黒い色になり変化するのです。

 

また、発酵黒にんにくの味に関しては、糖度が増えますので、ドライフルーツのようになります。
甘酸っぱい香りで、ニンニク臭さはありません
餃子などを食べた後のあのにんにく特有のにおいは、発酵黒にんにくにはないのです。
ですので、臭いを気にせず食べることができますよ。
こういったことからも、発酵黒にんにくはたくさんの人から、愛用できるような食品だと言ってもよいでしょう。

続きを読む≫ 2014/04/27 22:53:27

現代では、死因の1位となっている病気はガンだそうです。
毎年ガンの治療方法は進歩し、そして研究も成果を上げています。
ガンの治療には、放射線治療、外科治療、そして化学療法の3つの治療方法があります。
ですが、最近では政界からも注目されている新しい治療方法が登場してきています。
その方法は、免疫療法です。

 

結核にはBCGワクチンという免疫療法がありますね。
あらかじめ抗原を体の中に投与することで、その抗原に対する抗体を体の中に作るというものです。
もしくは、体の外でサイトカインや抗体を作り、それを使用することで抗原に勝てるようにするという治療方法のことを言います。

 

この方法で有名なのが、丸山ワクチンやインターフェロン、蓮見ワクチンです。

 

 

にんにくには、免疫力を高める効果があります。
アリシンやイオウ酸化物など、抗酸化作用がある成分が含まれています。
他にも、殺菌、抗がん、解毒、整腸効果などがあるといわれています。
これらの効果から、免疫力が高くなるというものです。

 

発酵黒にんにくを食べることで、免疫力をあげることで、ガンの予防や進行を抑えたり、
場合によっては治してしまうような効果があるということなのです。

 

世界でも、ガン治療で免疫療法が注目されていますので、
今後も免疫力を高める効果のある発酵黒にんにくはますます注目されることでしょう。

続きを読む≫ 2014/04/27 22:52:27

未病というものが何なのかということを知っていますでしょうか。
東洋医学に未病という言葉が存在しています。
未病というものは、健康体ではない、病気になる前の半病人であるということです。
完全に病気になる人よりも前の段階ということですね。
未病の人は健康体ではありません。
こういったことから、未病の人をそのまま放っておいてしまいますと、必ず病気になってしまいます。

 

このような段階で早めに気づき、病気にならないように処置をしなくてはなりません。
そして、病気を進行してしまわないようにする必要があります。
こういった、病気にならないようにすることと、病気の進行を阻止するようなことから、
東洋医学の健康観で未病という言葉が生まれたのです。

 

発酵黒にんにくには、免疫力を高める効果があります。
更に抗がん作用や抗菌作用など、様々な病気に有効な成分があるといわれています。
発酵黒にんにくには、様々な健康に対する効能がありますからね。
ですので、発酵黒にんにくは未病にとても有効なものだということがわかります。
皆さんも、発酵黒にんにくを積極的に摂取して、未病を治しましょう。
特に体が弱い、病気になりやすい・・・と悩んでいる人は、未病の可能性がありますので、発酵黒にんにくはおすすめです。

続きを読む≫ 2014/04/27 22:51:27

にんにくには、様々な栄養分が豊富にふくまれているといわれています。
それではどのような成分が含まれているのでしょうか。
にんにくに含まれている栄養分を紹介していきましょう。

 

にんにくに含まれている成分とは

 

まずは、タンパク質、リン、糖質、ナトリウム、ビタミンB1が豊富にふくまれています。

 

タンパク質とリンが豊富にふくまれているということは、ホメオスターシスや
体のリズムに有効な栄養成分が多く含まれているということになりますね。

 

にんにくの臭いは、アリインという無臭の成分がアリナーゼの作用をうけることで、
アリシンという成分になるからです。
このため、にんにくには特有の臭いが発生するという仕組みになっています。

 

発酵黒にんにくの場合は、アリシンはSアリルシスティンになります。
臭いの元がなくなってしまいますので、臭いは気にならなくなるということになるのです。

 

また、発酵黒にんにくには、必須アミノさんも豊富にふくまれています。
必須アミノさんは9種類ありますが、その中の7種類の必須アミノ酸がにんにくには含まれています。
発酵黒にんにくは、普通のにんにくと比較しますと、アミノ酸の量が増えているということになるのです。

 

普通のにんにくも栄養分は豊富ですが、発酵黒にんにくは、
それよりも更に豊富ということになるのです。

続きを読む≫ 2014/04/27 22:41:27

にんにくは昔から食べられている、健康に良いスタミナ食材と言われています。
起源残四千年の古代エジプトでも、
ピラミッドを作るために働いていた多くの人たちがにんにくを食べていたと言われています。

 

世界で認められているにんにくの力

 

1990年に、アメリカの国立ガン研究所では、
デザイナーズフーズ計画という植物性食品によるがんの予防研究プロジェクトで、
がんの予防に役に立つ食品が40種類程度紹介されました。

 

その中で、なんとにんにくががんの予防にたいしてトップであるということが好評されたのです。
このことから、世界的ににんにくが注目されたのです。

 

がんの予防に役に立つ食べ物は1位はにんにくですが、
その他のものをあげますと、キャベツ、甘草、大豆、生姜、セリ科植物、
人参、セロリ、バースニップなどがあげられます。

 

次のくくりでは、玉ねぎ、茶、ターメリック、玄米、全粒小麦、オレンジ、
レモン、グレープフルーツ、トマト、茄子、ピーマン、ブロッコリー、カリフラワー、
芽キャベツがあげられます。

 

最後に、ハーブ、メロン、バジル、タラゴン、エンパク、ハッカ、オレガノ、
キュウリ、タイム、アサツキ、ローズマリー、セージ、ジャガイモ、大麦、
ベリー類があげられています。

 

これだけたくさんある中でも、トップというものは凄いですね。

 

発酵黒にんにくには、アンチエイジングの効果があるということをご存知でしょうか。
皆さんは、できる限り若くて美しく、
そして元気でいたい・・・と考えることでしょう。

 

 

現在では、高齢化社会になってきていますね。
そういったこともあり、アンチエイジングをしたい・・・と考えている人も多いようです。
できるだけ老化を遅らせて、美しさと若さを保ちたいというものなのです。

 

アンチエイジングに大切なことは何でしょうか。
一番はバランスのとれた食事、適度な運動、
そして禁煙をすることが大切になってくるでしょう。

 

この中でも大切なのが、抗酸化力と代謝、免疫力です。
この3つの要素を高めることで、アンチエイジングにつながっていくのです。

 

これらの要素は、発酵黒にんにくにも含まれているものですね。
ですので、発酵黒にんにくは、アンチエイジングに
役立ってくれるものだと考えてもよいでしょう。

 

また、発酵黒にんにくの効果はこれだけではありません。
発酵黒にんにくには、脂肪を燃焼するアミノ酸が多く含まれています。
ですので、太りにくく痩せやすい体を作るという作用も期待できるのです。

 

皆さんも、発酵黒にんにくの力を借りて、アンチエイジングしてみませんか?
いつまでも若く美しく元気でいたいものですね。

 

そんなニンニクと黒酢の相乗効果をもたらしてくれる有名な商品はこちらですよ。

続きを読む≫ 2014/03/05 23:54:05
ホーム RSS購読 サイトマップ